国家資格取得のため借入

男性/20代
中小企業の手取り18万の安月給。
独立を目指す20代後半の独身サラリーマンです。

国家資格取得のためプロミスから借入

8士業のうちの一つの資格を取得するため
参考書やテキストを購入する費用として
お金を借りました。
自分のの給料では、家賃や光熱費などを支払うと
ほとんどお金が残らないため、
数千円のテキストの購入でも躊躇していました。
そんなとき、どうしても欲しいテキストが数冊あり
一か八かで消費者金融の審査を申し込みました。
申し込みはWebで行いました。
携帯番号や勤め先などを入力し、
数十分後に携帯に着信がありました。
仕事終わりで17時ごろに申し込みましたが、
夕方でも審査は可能だと言われました。
収入証明をスマホアプリで送り、
15万円の融資額で1次審査通過。
会社付近にある無人契約機の店舗で
契約をしてほしいと伝えられ、店舗まで足を運びました。
契約部屋(個室)に入り、
設置してあるモニターを操作し、自身の名前や勤め先、
年収や融資希望額を書類に記載し、
さらに免許証や保険証、給料明細などを提示。
待つこと数分、無事に審査が終わり、
キャッシングカードをもらいました。
訊かれたのは、現在他社で借入がないか、
使用目的は何か、賞与は年何回あるか、
現在大きな病気にかかっていないかなどといったことです。
提出した書類は、免許証、保険証、
過去2ヶ月分の給料明細及び賞与明細です。

会社の人にカードを見られて借入がバレたかも

職場への在籍確認の電話はありました。
職場では私自身が事務員をしており
電話番をしていたので、
在籍確認時は他の社員を介さず直接私が電話に出ました。
電話口で相手が最初に個人名だけを名乗り、
私がいるかどうかの確認をしてきます。
私が電話を取っているため、自分本人であることを
相手に伝えると、「プロミスの○○です、
在籍確認致しました、ありがとうございました」と、
ものの数十秒で終わりました。
契約が成立すると、年利などを記載した書類と、
融資額や返済額、予定年数が記載された書類が
自宅に届きました。
プロミスを使っていることは
特にバレていないと思いますが、
以前財布を落としたときに色んなカードが散乱し、
社員に拾ってもらったときに
「綺麗なカードですね」(プロミスのカードは金色)
と言われたため、ひょっとしたら感づかれていたかもしれません。